スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

配達あかずきん/大崎梢/東京創元社

これがデビュー作とは!びっくり度★★★☆☆

成風堂書店に行ってみたい(*^^)
書店就職希望者&バイト希望者は読みましょう☆


配達あかずきん-成風堂書店事件メモ
東京創元社 ミステリ・フロンティア
大崎 梢 (著)


連作短編5編。
「パンダは囁く」
「標野にて 君が袖振る」
「配達あかずきん」
「六冊目のメッセージ」
「ディスプレイ・リプレイ」

三省堂でやたら目立つところに平積んでいたから、思わず買ったけれど当たりだった(*^_^*)著者は元書店員さんだそうです。

書店の謎は書店人が解かなきゃ!
ってことで、成風堂書店の社員杏子ちゃんと、バイトの多絵ちゃんが本にまつわる謎解きに奮闘する。
仕掛けもおもしろいし、題材が小説や雑誌や実用書やコミックだからあっさり入り込めた。
事件(と呼べるほどじゃないけど)も、ほんわかしたのから、ちょっと切羽詰ったのまで網羅してて飽きなかった。

本屋さん好き、軽~いミステリ好き(本格派は物足りないだろうな)の方は楽しめますよー



書店って、なんで何時間でもいられるんでしょうね(*^^*)。
わたしは担当さんの気合い入った手書きのポップとか見ると、ついつい買ってしまうんです(^-^;)
この本は、とにかく書店の裏話というか、仕事の流れがよく分かるから、興味ある人は楽しめます。
みんながみんな杏子ちゃんみたいに熱心で親切な店員さんじゃないけど…本を好きだという気持ちが随所に溢れている作品で、いい本読んだな、って感じだった。

表題の「配達あかずきん」がよかった。
成風堂は駅ビル6階にあるので、便利だから意外と混むらしい。
杏子ちゃんは、児童書とコミック担当で、社員だから色々忙しいわけです。
ましてや成風堂は配達もやっている。
配達の作業は神経使うみたいで大変だなぁ。
ここに登場するバイトのヒロちゃんが、なんだかあかずきんちゃんみたいに思えてきてかわいいんです。

わたしは出版関係なので、一番グッときたのは、「六冊目のメッセージ」。
オチというか、ネタばれはしませんが、謎が解けていくとき、あー本好きな人ってすてき!って思えたとても心温まるお話。
営業に対してこんな風に思ってくれるのかもなぁとか、書店さんが忙しそうなときってこんな感じだからだよなぁとか、イメージが湧いて楽しかった☆

他の3編も、謎解きにちょっと気合い入るものと、すてきな恋愛のお話、コミックを愛する人には泣ける話で、どれもいい感じにまとまってる。

元書店員の本だから、きっといろんな書店でプッシュしてるんじゃないかな?ちらりと見てみてください。なかなかいいデビュー作です!


スポンサーサイト

2006年07月08日 大崎梢 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。