スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

町長選挙/奥田英朗/文藝春秋

伊良部先生大活躍度★★★★☆

悩んでるのがあほらしくなるっ!ぐふふふふ
 「物事、死人が出なきゃ成功なんだ」とさ_(^^;)


町長選挙
文藝春秋 奥田 英朗(著)

だいぶ知名度があがってきた神経科医の伊良部一郎くん♪
伊良部総合病院の跡継ぎ息子。相変わらずのボンボンっぷりが最高!身近にいたら絶対嫌だけど、遠くからなら見てみたい。妙な魅力を確立してる愛すべきキャラクターです☆
いろんな患者が、「この医者じゃだめだ!」って思いつつも、駄々っ子伊良部のペースに巻き込まれて、いつしか心の病を克服していく。その奇想天外な言動は毎回おかしくて笑っちゃいます。
全部短編だから何から読んでも大丈夫だけど、わたしは「イン・ザ・プール」の短編はほとんど爆笑だった!未読の方は是非是非。


イン・ザ・プール』と『空中ブランコ』に続く第3弾。前作と比べると、伊良部先生のおバカっぷりがあまり見れなくて残念だった。彼の非常識なあほらしさはラストまで持ってってほしいんだけど、キレイにまとめちゃってる感じだった。

短編が4話で、内2話は患者のモデルが誰だかすぐわかっちゃう。もう1話も、あの人なんだろうなぁと思って読んだ。これはこれで皮肉ってて面白いんだけど、わたしとしては、もっと登場人物を思い描いて妄想できちゃうような方が楽しめるなぁと思った。
『イン・ザ・プール』を初めて読んだとき、伊良部のとても治療とは思えない一見バカバカしい治療法に「なるほどー」って感心してハッとしたりした。こんな、はちゃめちゃな医者の言葉に!?って気づいた瞬間、「あーまた小説の中に入り込んじゃったなぁ」と…。わたしは、これが何よりの至福の時なんです。だから、どっちか言えば、具体的なモデルがまる分かりだとちょっとさみしい。

名脇役のミステリアスな看護婦マユミさん。無愛想で注射打ち専門のSな超セクシー看護婦、ってだけなのにあいかわらず存在感あってうれしい(*^^)
次回作はもっと伊良部先生に活躍してほしいなぁ。心待ちにしています!

スポンサーサイト

2006年06月28日 奥田英朗 トラックバック(3) コメント(3)

コメント

す~さん。
そうですよね!
今回はなんとなく伊良部先生の暴走が失速してる気がして…
4作目も出るといいですね(^_-)-☆

2006年07月03日 おいしい読書 URL 編集

確かにモデルが分かっちゃうとちょっと興ざめかもしれませんね~。
しかも伊良部先生の活躍少なかったし。
ということで次に期待したいと思います。
出るといいなぁ~。

2006年06月30日 す~さん URL 編集

聖月さん、TBありがとうございます☆
わたしのブログの状態がよくないのかも知れませんが、
聖月さんのページに飛べないようなので記しておきます!

http://kotodomo.exblog.jp/5108209
また遊びにいきます!

2006年06月29日 おいしい読書 URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://oishiigoraku.blog52.fc2.com/tb.php/90-d093ec52

「町長選挙」奥田英朗

「町長選挙」奥田英朗今回は、あの有名人(と思われる人達)がなんだかんだで、病室にやってきたり伊良部が離島を訪れたり、相変わらずの大活躍???なくくくっと笑えるおなじみ伊良部先生シリーズ第3弾。オーナー/アンポンマンカリスマ稼業/町長...

2006年06月30日 読書感想文 と ブツブツバナシ

『町長選挙』奥田英朗

町長選挙奥田 英朗 2006年 文藝春秋★★★★★神経科がある地下に行くと、そこは薄暗く、すえたような臭いがした。おい、ここかよ。そうひとりごちてドアをノックする。中から「いらっしゃーい」という甲高い声が聞こえ、中に入るとよく太った中年の男がいた。名札に

2006年06月29日 ほんだらけ

◎◎「町長選挙」 奥田英朗 文藝春秋 1300円 2006/4

 人はうろ覚えの言葉を座右の銘とか好きな文句とかにする場合があるわけで、評者の場合、多分、太宰治の文庫『パンドラの函』にその昔併録されていた「正義と微笑」の中の最後のほうに書かれていた文章“(素直に歩いて%

2006年06月29日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。