スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

神様のパズル/機本伸司/ハルキ文庫

恐怖の物理度★★★★☆

まいった…意味不明用語たんまり(>_<)
ま、それでもなかなか楽しめたけど。


神様のパズル ハルキ文庫
機本 伸司(著)



ひさびさに頭使った~
といっても使える知識はほとんどなくて…なんとか読みきった、という感じ。こういうのを理解して読める人尊敬すんなぁ。
主人公綿貫基一は、K大学理学部物理学科。。。これ聞いただけでも物理がギリギリ2だったわたしには頭が痛い。
綿(わた)さんの大学ゼミ生活を描いた作品で、彼は留年寸前の落ちこぼれ。落ちこぼれの話なら、わたしも分かる話なのかなぁって軽く買ってしまったけど、勘違いも甚だしかった。落ちこぼれといっても理学部物理学科だから、分からないレベルが違ったんだなぁ………\(^^;)
それでも、少しは分かりやすく書いてるし難解というほどでもないと思う。

◇座標軸は、デカルトが、天井のハエの位置を正確に記述しようとして十七世紀に考え出したと言われている。
◇未知数をいうとき、何故aやbでなくxなのか?当時の印刷所に、xの活字がたくさんあったからだという説がある。
などなど。
へーーーー(^0^*)と思う楽しい情報もいっぱい詰ってます。
頭使いたい人は是非どうぞ!


綿さんは、とっても素直でいい子。恋もしてスーパーのバイトも忙しくしているが、単位はもう落とせない。卒業と就職が目下の大問題。
ゼミは、憧れの保積さんがとるからという安易な理由で、鳩村教授と森矢助教授の素粒子物理研究室を選んだ。

この研究室の研究テーマは、理論的に存在が予言されたヒッグス系素粒子のなかでも特に確認が難しいとされている“重ヒッグス粒子”。
世界規模でその発見に向けての巨大プロジェクトが立ち上がっている。K大学も国レベルのプロジェクトに参加している。

その研究施設“むげん”の建設が完成してから実験物理の研究発表をして、あとは卒論を仕上げれば卒業である。

その他に“ご斎田”と呼ばれている棚田でお婆さんがひとりでお米を作っているという。“むげん”建設の土地の買収が間に合わず田んぼが残ってしまったのだそうだ。そのバイトをすることもゼミ評価の足しになるのではないか、と考え、人の良い綿さんは米作りまですることになる。

この物語を盛り上げるゼミ仲間は、佐倉と須藤と保積さんと助手の相理さん。
そして…ヒロインは、超×∞天才少女穂瑞沙羅華ちゃん。16歳だが、飛び級で大学進学。“むげん”のクロストロン方式は彼女が9歳の時発案した。精子バンクを利用してできた子で、お母さんとふたり暮らし、今は不登校中。
沙羅華のキャラクターがとってもいい。超天才児ゆえのさみしさを抱えているはずなのだが、そんなことは本人は気にしていないように周囲にはみえる。
しかし鳩村教授は彼女を心配し、ゼミに参加させて、「16歳の彼女にとって必要なメンタルな面を引き出してあげたい」と、綿さんに子守役を頼んできた。

綿さんは沙羅華に小ばかにされて頭にくるのだが、卒業がかかっているため何とか彼女を説得することにした。軽く引き受けてしまったが、彼女を大学に引き戻すには、興味をそそる研究材料が必要だった。

そこで投げかけた疑問は…
宇宙を作ることはできるのか?
この難題に沙羅華が立ち上がった!!

ふー。。。(+_+) むずかしいな~
でも、ゼミのディベートも面白いし、みんなのキャラクターがはっきりしていて会話がすんなり入ってくるから気持ちがいい。

沙羅華のトゲトゲしさが、綿さんの存在によってちょっとずつ変わっていく。
「何故自分が生まれてきたのか?何故ここにいるのか」彼女は知りたいという。天才児ともてはやされ、逆に酷いバッシングも受けている彼女は、背伸びして耐え、誰にも相談できずにいたのだ。
この内面の苦しみを吐き出すシーンは、かわいそうでちょっと泣きそうになってしまった。人間にとって何が大切か、すこし大げさだけど、綿さんと沙羅華が教えてくれた。
ラストに向けて、物理学の難しさがさらに倍になって、わたしは???だったけど、ふたりは最大のピンチを乗り切っていく!

「光子」のこと「みつこ」って読んじゃうわたしでも、
ノリノリになってはまれた!

さて“神のパズル”は解けるのか!?綿さんと穂瑞のTOE(セオリー・オブ・エブリシング)最終理論は!?

理系の方は、知的興奮を高めるのにいい作品ですかね?
文系の方は、立ち読んでから買いましょう(^_-)-☆

神様のパズルを読んだら、なんか計算したくなって買った本。
小学校の足し算からだからいい感じに頭の体操できてます。

小・中・高の計算がまるごとできる
ベレ出版 間地 秀三(著)

スポンサーサイト

2006年06月17日 機本伸司 トラックバック(0) コメント(4)

コメント

きっと、数学したい欲わいてくるよ~
あれ?ともみ物理どうだったっけな…?
まずは立ち読みだね!

2006年06月22日 おいしい読書 URL 編集

うんうんちゃべかわいい~(^^)/

この本気になる!!!
ともも立ち読みしてみる~

とももーん

2006年06月21日 ともみ URL 編集

さつハロー
チャベかわいいねぇ(*^ー^*)
ちゃぴこはテンプレート替えたらなんだか崩れてしまって、
またそのうち帰ってきてもらうよ~

2006年06月18日 おいしい読書 URL 編集

ハロー!
トップのチャべかわゆいね(^0^)
ちゃぴこはいなくなったのね。。
(くいつくのがここでごめん。。^。^;)

2006年06月17日 さつ URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。