スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

東京タワー/蝋人形館

なんか新鮮でいいよ度★★★★★

リリー・フランキー著、じゃないです
まだ読んでないんだよなぁ…あまりに騒がれてて手が出ない…
友達が買ったっていうから借りるかな…


東京タワーHP


大型連休真っ只中、東京タワーのぼったことないって言うから、「んじゃ行こう!」ってことになった☆
わたしももう随分前にのぼったっきりだし、都内は空いてるから意外と穴場かも?…

でもまあ、やっぱり読みははずれて観光バスもたくさん!大盛況♪そりゃそうだ_(^^;)
エレベーター乗るのにも1時間くらいクレープ食べながら並んだ(階段でOKの人は、そんなに待たずに行けたみたい)けど、なんつっても上から眺める東京は意味もわからず興奮して、ちょーーー楽しかったっ(*^_^*)ガラガラな東京タワーはなんかさみしいしね。


まずは大展望台(145m)まで行って、景色は横目で我慢してまたエレベーターに乗っていざ特別展望台(250m)へ!
ちょっと曇ってて富士山は見えなくて残念。
でも夕方到着して暗くなっていく時間に居れたから、ちょうど街に灯りが点いていくのが見れた。
車のライトがあっちこっちの道路で目立つようになって、ビルもぽつぽつ電気が点いていって、ムーディーになってきたっ(*^^)v
周りはざわざわしてるんだけど、自分の頭の中はシーンとした感じで不思議な気分だったなぁ。
平日だともっとオフィスの明かりが点いていくのが分かるのかも知れない。
帰りは大展望台から階段で降りたんだけど、これのぼるのはキツイなぁ\(^^;)
風も感じられて、そんなに怖くないし、気持ちよかった。(といっても、足の震えが止まらなかったんだけど…へたれだな…)

それと、、、東京タワーのキャラクター。
ノッポンっていう兄弟なんだけど、最初パッとみた時かわいいかなって思って。。。
でもグッズみたら、なんか…もう…ぜんぜん…かわいくない(T_T)頭長すぎだし、そりゃあタワーを表してるんだろうけど、欲しくなかった。。。くぅーm(__)mごめんよノッポン!(>_<)

今まで東京タワーにのぼっても立ち寄らなかった、蝋人形館に突入!
「昭和45年に開館して、展示されているろう人形は、ろう人形館発祥の地、ロンドンの工房から直輸入した」ものだそうです。

まずはプレスリーに迎えられた!
入り口はビートルズのサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのジャケットの人たちが蝋人形になってた。ジョンは似てたかな。


サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ

「中でも宇宙開発事業団の協力を得て製作された、毛利衛さん・向井千秋さんは人気があります」とのことだけど、そんなに似てない…\(^^;)

レオナルド・ダ・ビンチの最後の晩餐も迫力あった。

拷問の様子が再現されている部屋がカーテンで仕切られてあって…顔が苦痛に歪んでてこわかったなぁ(T_T)水責めされてる人のお腹なんてパンパンで。。。
「世界中のろう人形館でもここにしか展示されていないロックミュージシャンのろう人形は必見」ってことなんですが、笑っちゃうくらい趣味のお部屋みたいになってる((+_+))蝋人形以外にも、価値のある風のものもいっぱいあった。かき集めて、置くとこないし、全部置いちゃえ~って感じ(*^_^*)オタクブースみたいだった。
蝋人形の作り方とか途中経過も置いてあってなかなか楽しめた。

展望記念のコイン作っちゃった(●^o^●)プリクラとかに追いやられてたけど。。。実は欲しかったんだなぁ~ふふふ

もちろん東京タワーのライトアップも降りてから堪能。
真下からの東京タワー大きくてきれい♪
エレベーターからとか階段で降りるときとか、朱色が適当に塗ってあったり、ところどころはげてたりしてたの見えたけどね(^_-)-☆
夜の入館券くれたからまた行けるや。
都内で行くとこなかったらのぼってみてはいかがでしょう?


スポンサーサイト

2006年05月14日 観劇・観戦・イベント トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。