スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

白夜行 ドラマ最終回/TBS

やったのは、わたしだよ度★★★★★

『白夜行』公式HP


愛することが罪だった。
会えないことが罰だった。


待ちに待った最終回(*^_^*)
みなさん観ましたか?
私はついに毎週の楽しみがなくなってしまいました(T_T)

裏ではいろんなスペシャルをやっていて、視聴率は劣勢な気がするけど、どうだったのかな…
最終回なのに1時間なの!?って思ったけど(>_<)
誰がなんと言おうとスペシャル番組だったよー雪穂!!!



山田くんすばらしかった(*^_^*)
歩道橋の上の涙なんて、ここ最近見たことない美しい涙の流し方だった。
号泣だよ(T_T) がんばったよなぁ…

ひとりの人間しあわせにするためにおまえは精一杯やった。
おまえに流れとお血はほんまはそういう血や…


くぅぅぅ。。。罪を憎んで人を憎まず。笹垣も最後は、下手な関西弁も気にならないほど熱演してくれて感謝したくらいなもんだった。人生捧げて桐原を追い詰めた男の言葉、よかったなぁ…
雪穂も最初はちょっと違うなぁって思ってたけど。やっぱりきれいな女優さんだから、美しさもどんどん増してきて、目つきもがんばって鋭くしてる感じがかわいく思えた。
幼少時代の子役も本当にすばらしかった。
全体を通しても、一番の名演技&名セリフは、


やったのは、わたしだよだよ(>_<)


視聴者のこころに突き刺すようなあの泣き笑い。。。何度みても涙が出るよ。絶賛だよ!ほんと福田麻由子ちゃんはいい女優さんになるだろうなぁ。

原作とは別物っていう意識で見はじめたら、一気にドラマへの関心度が高まった。スタッフとキャストの気合が伝わってくるとても力の入ったドラマだったなぁと思う。
もう悲しくてつらくて、助けてあげて!!苦しみからふたりが解放されますようにって何回泣いたか…(T_T)もちろんフィクションですけど…
あの最終回なら『幻夜』につなげられる感じだから楽しみに待っていようと思う。
お願いTBS!


DVD発売決定!「発売予定日は2006/06/23です。ただいま予約受付中です。」だそうです。
↓高いけど欲しい…


白夜行 完全版 DVD-BOX TBS
 

それでもやっぱり本を読んだ時の興奮にはかないません。
<原作>↓まだの方は是非




白夜行    集英社文庫
東野 圭吾 (著)

スポンサーサイト

2006年03月24日 テレビ・ラジオ トラックバック(1) コメント(3)

コメント

しずくさん
是非是非原作も読んでみてください。
ドラマがよければきっとはまると思います(*^_^*)

しゃいにんさん
そうですよね!
やっぱり子役の勝利でしたね☆

2006年04月03日 oishiidokusho URL 編集

はじめまして、あしあとたどって来ました。

白夜行、低視聴率だったのはもったいないですね。

わたしも一番泣けたのは第一回の子供時代の話でした・・・

2006年03月31日 しゃいにん URL 編集

ブログランキングからやってきました。
はじめまして・・・。

白夜行見ました。最後よかったですね~。
ほんとに、歩道橋の上の山田くんと武田鉄也さんのやりとりには涙・・・。
最初は、なんて暗くてうっとうしいドラマなんだと思ってたんですけどね。いつしか引き込まれてしまいました。

原作は、ドラマが終わったら読もうと思ってずっと我慢してました・・・さっそく、読みます。

2006年03月25日 しずく URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://oishiigoraku.blog52.fc2.com/tb.php/58-5563454d

白夜行}『白夜行』(びゃくやこう)は、東野圭吾の小説。集英社「小説すばる」1997年1月号から1999年1月号に連載され、1999年8月に刊行され、ベストセラーになったミステリー長篇。連載時は連作短編として掲載されていたが、単行本では長編に構成しなおして刊行された。なお

2007年07月30日 あのドラマに夢中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。