スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

グラスホッパー/伊坂 幸太郎/角川書店

殺し屋の哀愁度★★★★☆

未来は神様のレシピで決まる
ラストまで気を抜かずに読みましょう!



グラスホッパー 角川書店
伊坂 幸太郎 (著)


『グラスホッパー』は、「作風を変えてみたぞ!」という感じなのかな。
この作品は、政治に対する不透明な部分への憤りや、世の中の不条理を吐き出したいという思いがグイグイ伝わってくる。それだったらもう少し踏み込んで書いた方が、とか、でも小説だからこのぐらいでいいのか、とか考えつつ読んだので、途中でテンポダウンしてしまった。
それにしてもさすが伊坂幸太郎!相変わらずのセンスのいい会話の中でどんどん登場人物を絡ませてきて、そう来たか!と唸らせる作品だった。
ラストは鳥肌たてながら一気に読み終わった。
あ~怖いなぁ…。

登場人物の中で、ひとり普通といえば普通といえるのが「鈴木」。
彼が主役、と言ってもいいのかも知れない。
「鈴木」は妻を虫けらのように轢き殺されてしまい、捕まりもせずのうのうと悪事を重ねているその犯人に復讐のため近づこうとする。
しかし、復讐を果たそうとするも、その男本人が目の前で車に轢かれるところに遭遇する。あれは「押し屋」と言う職業の男の仕業だと。そして本当に事故現場から立ち去ったあの男が「押し屋」であるかを確認するために、「鈴木」の命知らずの調査が始まる…

個人的には「押し屋」(走っている電車や車に押して依頼のあった人間を殺す)の「槿」は好きなタイプ。(なんてこと言ってんだわたし。。゛(/><)/ )語らず騒がず全てお見通し。クールだなぁ。こんな人ほとんど実在するわけないけど。。。
「自殺させ屋」の「鯨」は政治家の秘書など何人も自殺させている…
「殺し屋」の「蝉」は、上司である岩西に言われるがまま、女であろうが子供であろうが一家惨殺でもこなす。伊坂さんたら、
いわにし(岩西)みいるせみ(蝉)のこえ
だってさ\(^^;)

主な登場人物が殺し屋。他も、殺人でもなんでも仕事ならばって人ばかりだから、なんだかわたしも麻痺してきて「蝉」は岩西を殺さないのかなとか、「槿」は「鈴木」を殺すとは思えないなとか、「鯨」は自殺しないのかな、とか、『殺』とか『死』とか物騒なことを平気で考えながら読んでしまった(T_T)

殺し屋たちが、依頼された仕事を淡々と確実にこなしていこうとする。
ひとつ気になったのは、「蝉」については、人となりがそれなりに描かれていたけれど、「鯨」や「槿」に関しては触れていない。だから「蝉」はちょっと違う風になるのかな…と思ったのだが、そうでもなかった。「鯨」のことも「槿」のことももう少し知りたかった感じ。
それにしても思ってたより意外と怖いしエグかった。
全編通して、正体を現せない者独特の悲哀や苦悩が伝わってくる。
そして、、、「殺し屋」同志の対決はあるのか???

教訓としては、
「幻覚」に人生そのものを呑まれてしまわないように!
(↑実際に存在する人間か、幻覚か分かんないような「田中」がこんなこと言うんだもんな(×_×;)やんなっちゃうよ)
信号の点滅がちっとも止まんなかったり、歩いても歩いても階段が終わらなかったり、通過する列車がいつまでたっても通り過ぎなかったりしたら、まずい兆候。幻覚を見始める契機だったり、目覚めの合図かもしれない…だそうです。
あと気をつけなければいけないことは、自分の危機が迫っているときは、周囲を見渡してみてください。『劇団』が仕込まれているかも…
みなさん気をつけましょう(>_<)

スポンサーサイト

2006年03月17日 伊坂幸太郎 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。