スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

99%の誘拐/岡嶋二人/講談社文庫

誘拐犯罪スリル度★★★★☆

目には目を歯には歯を!


99%の誘拐    講談社文庫
岡嶋 二人 (著)

コンピューターを使ったトリックが刑事達を翻弄する。
古い作品なのに、わたしはいまいちハイテク感がわからず
ただただ夢中で読んだ。


詳しい人は、こんなこと不可能、と思ってだめなのかも。
でもまったく無知なわたしすら
さすがにこんな誘拐は無理があるだろうなぁとは思う。
しかし、模倣犯防止なのだから
犯罪小説はこのくらい大げさでいい。
それにしてもすごく早いテンポで展開されるし、
あれこれ考える暇なく一気読みだった。
何より 過去と現在の犯罪の違いの見せ方がうまい。
新旧誘拐頭脳戦を浮き立たせて興奮するし、
身代金の目的の工夫が、この物語を面白く仕上げてる。

2hドラマ好きな人は
きっと楽しめるそんな感じの作品☆
スポンサーサイト

2005年10月21日 岡嶋二人 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。