スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

空中庭園/角田 光代 /文春文庫

アットホーム度★☆☆☆☆


空中庭園    文春文庫
角田 光代 (著)



学校も服も、しゃべる言葉、住む国ですら選べるのに、

唯一自分で選べないものが家族だ

なるほど!

連作形式で、 家族全員が主人公になっている。


読み進むうちに、じゃあ、お父さんは?お母さんは?弟は? どんなこと考えてんの?と気になって あっという間に読み終わった。

あたふたしているのに、 実は妙に冷静な家族が、 なんだか気になる感じ。

家族でも恋人でも、 何でも話そう、っていう決まりは、逆に秘密を暴かれないための隠れ蓑だ。ただ、たいていは、 そんなにドラマチックな隠し事はないだろーけど。

角田さんの文章好きだし、今回はなんか違う印象で楽しめた☆

スポンサーサイト

2005年09月30日 角田光代 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。