スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ラジオな日々/藤井青銅/小学館

やっぱりラジオが好き!!!度★★★★★

ラジオとショートショート好きにはたまらん!
もちろんわたしにはストライク本だ(^0^)

ラジオな日々
ラジオな日々
藤井青銅(著) 小学館

ショートショート、読んだことありますか?
わたしは星新一さんが好きで、編者をつとめた一般公募作品を収録した『ショートショートの広場』もよく読みました。
中でも記念すべき第1回目、1979年受賞作品は面白いのばっかりで本が擦り切れちゃうほど読んだんです。→『ショートショートの広場①

この『ラジオな日々』の著者は、なんとその1979年の受賞者!!!
「改造モデルガン」の藤井青銅さん(^0^*)
放送作家になっていたなんてすごいなあ。しかも伊集院光を発掘し、オールナイトニッポンやら人気番組の大忙し作家さんだった。
中学生時代からのラジオっ子の私は、知らぬ間にだいぶお世話になっていたのだろうと思う。

藤井青銅さんと無関係だが、、、いや、無関係でもないけど、この本を読んで、青銅さんのことではなくひとつ猛烈に興奮した事がある。
それは、わたしがショートショートを読み始めるようになったきっかけの作品、「或る夜の出来事」に関してなんだけど。
この作品の著者、定岡章司さんは星新一編のショートショート、第1回1979年の受賞者☆
ということは、藤井さんと定岡さんは、入選者へのご褒美海外旅行に一緒に行ったことになるではないか!!!
定岡さんの作品には、思わずうなり、笑いが止まらなかった。くだらないのにべらぼうに楽しい作品。何度も読んで覚えちゃったくらいだった。。。
ということで、定岡さんのその後がもしや出るのではないかと熟読したが、でなかった(T0T)愛しの定岡さんは何をしてる人なのかなぁ。
でも定岡さんのことは忘れちゃうくらい、「できすぎ」の吉沢さんやら「三時五分前」の佐々木さんやら、興奮材料はたくさんあった♪

余談が多すぎたけど、ショートショートの広場1979年だけでも読んでからこの本を読んだら、楽しさ倍増だろうという気がする。
気になった方は是非!→『ショートショートの広場①



それにしても、ラジオってほんと楽しいなと再確認した本になった。

特に生放送の緊迫のプロ仕事がたっくさん出てくる。
声が大好きだから、顔写真があっても見ないように気をつけているうえちゃんこと、上柳まさひこアナウンサーが登場したり、わたし世代は聞けなかった聖子ちゃんや蘭ちゃんのラジオの裏話が出てきたり、オールナイトニッポンの歴代の人気パーソナリティの楽しい話も満載。
それに、アニメ映画公開にあわせたスペシャル番組は、今大活躍の声優さんたちの話もあるから、面白かったなぁ。
すごく残念だったのは、「夜のドラマハウス」を聴いていなかったこと。「夜のドラマハウス」世代の人は相当楽しいはず。

ラジオドラマの基本や、秘密兵器・三分割ノートなど、親切にわかりやすく書いてあるから、ラジオドラマを書きたい人やショートショートを書きたい人は、とても参考になる話がたくさんあると思う。

なんつっても、ドン・上野!
無茶苦茶だけど最高に優しくて厳しい。
彼がいたからこそ、青銅さんのような放送作家が育ったのだろうなぁ。
やっぱり人間、努力と度胸と運だなぁ。

とっても楽しい読書になった。
ラジオ好き・ショートショート好きのわたしをよく知っててこの本を貸してくれた、風邪引きさんありがとう。早く完治してね☆


スポンサーサイト

2007年07月08日 小説以外 トラックバック(0) コメント(1)

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年07月09日 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。