スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

トム・ゴードンに恋した少女/スティーヴン・キング/新潮文庫

♪車のガラスがひび割れたら~度★★★★★

森で少女が迷ってるってだけなのに…
なのに、なんでこんなに手に汗握る話になるんだろう!!

トム・ゴードンに恋した少女
トム・ゴードンに恋した少女
スティーヴン・キング 新潮文庫

野球に関しては、あまり知らないわたし。
メジャーリーグともなると、もっとよくわからない。
この本をレッドソックスファンが読んだら、ましてやトム・ゴードンファンが読んだら、興奮しまくりなんだろう。
だってわたしは、レッドソックスもトム・ゴードンも知らないのに、ラストは体が熱くなって、泣いてた。。。(どんな涙かは言えない!)
ほんと、ただ、9歳の女の子トリシアが、森で迷い、サバイバルする、という話ってだけなのに。ほかの話なんかほとんど出てこないのに、だ。

トリシアは、レッドソックスのリリーフピッチャーであるトム・ゴードンの大ファン。
子供が父親の影響で、あるチームのファンになり、一選手に憧れるという話はよくあるのだろうが、トリシアの場合も同じで、相当な入れ込みよう。

恐ろしい森で迷っているうちに、トリシアはトム・ゴードンと会話をする。この妄想があまりにリアルでひとりぼっちの彼女の慰めになる。
そして、もうひとつの命綱が、ラジオ(#^.^#)
かすかに聞こえる野球中継を聞くことが、最大の勇気を与えてくれるのだ。トム・ゴードンのセーブを祈りながら…。

森には、あらゆる危険が潜んでいる。
ましてや、トリシアは彼女を終始付け狙っている「あれ」に怯え続けている。

「あれ」の正体とは?
九回裏、トリシアはどうなる?

とても言えないけど、さすがスティーヴン・キング。こんなに引っ張って、この一番気になる結末が、これまたなんというか…(TOT)
いやー久しぶりのキングだったけど、やっぱりすごい!の一言。

映画化したらトム・ゴードンという選手は出演してくれるのかな(^0^)
そして、トリシアのために、指を立て、素早く天を指すポーズをとってくれるのだろう。

スポンサーサイト

2007年07月10日 スティーヴン・キング トラックバック(3) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://oishiigoraku.blog52.fc2.com/tb.php/185-041aa576

-

管理人の承認後に表示されます

2012年10月26日

[スティーヴン・キング]トム・ゴードンに恋した少女

トム・ゴードンに恋した少女 作者: スティーヴン・キング, 池田真紀子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/05 メディア: 文庫 家族とはぐれ広大な森の中に迷い込んだ9歳の女の子、トリシアのサバイバルを描いている。ほとんどの場面が女の子一人、しかもひたすら森の中

2007年10月10日 本を読むなら押入れで

異邦人

主人公ムルソーにしても、自分からこの世に生まれてきたわけでもなく、私が生まれたのは母親のせいであり、その葬儀に出席しなければならない理由も見いだせない。そして母親、この世界が生まれてきたのも太陽のせいだ。それがこの世界を生み出したのだという不条理。つまり

2007年10月01日 まおのブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。