スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

深追い/横山秀夫/新潮文庫

「どうかご内聞に願います」度★★★★☆

わたしは警察の人間でもないのに、
なんでいっつもこんなに泣けるの?
きっと、心揺さぶられる短編見つかります(:_;)

深追い
深追い
横山秀夫(著) 新潮文庫

読み終わってからだいぶ経っていたから、パラパラ見てみた。
斜め読みでは飽き足らない短編が目白押しだから、ほとんどまた読んじゃった(^^:)

横山先生の警察小説はだいぶ読んでいるけれど、毎回まったく違う人間の悲哀に涙がでる。

「深追い」「又聞き」「引き継ぎ」「訳あり」「締め出し」「仕返し」「人ごと」
三ツ鐘署に勤務する男たちの事件、全7編。
タイトルだけで、ドキドキしちゃいますねー

今回は、3回涙でた。
個人的には、「引き継ぎ」がやばかったなぁ。
尾花刑事がすべてを悟ったとき。。。すごい圧迫感で疲れた。
あとは表題作の「深追い」。
亡くなった夫のポケベルにメッセージを送り続ける未亡人。
ポケベルなんて古い!って思ったけど、もちろん事情がある!
ドキドキの結末が待ってます。
「人ごと」は、短編集のラストにふさわしい心に残るお話。
人はひとりでは生きていけない、そう思わされて切なかった。


今日は私の大好きな荻原先生原作の映画、
明日の記憶』がテレビで放送された。
みなさん観ましたか?
わたしは2度観ても同じところで涙が出ちゃったなぁ。
映画もよかったけど、原作の良さはまた格別☆
まだの方は是非是非読んでみてっ!

夢のパラダイスよ花の東京♪


スポンサーサイト

2007年07月01日 横山秀夫 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。