スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦/角川書店

おともだちパンチ度★★★★★

「才能の貯金箱」、わたしも作るぞっ!
最大の危機に備えて。たとえ、危うく号泣しかけたとしても…

夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦(著) 角川書店

太陽の塔』に引き続き、またまた京都に行きたくなった!!そして、先斗町や木屋町で酔い潰れたいなぁ。

今回もストーカーちっくな、阿呆らしいのに愛らしくて切ない恋愛小説。
大学のクラブの先輩「私」が後輩の黒髪の乙女に恋をする。
外堀ばかりを埋めつくしてて、なかなか彼女という城に近付けない。
そのもどかしさがムカつくけど、無性にかわいくて癖になる。

それにしても登場人物は、どれもこれもはた迷惑なお人ばかり。
わたしとしては、ダメ男とわかりつつ、樋口さんに魅かれてしまうんだろうか・・・。

そして、気になる先輩「私」と黒髪の乙女の恋の行方は!?
あーもう最高ですよ!騒がれてる本なのがよくわかる。
とってもキュートな恋愛小説。

神様の御都合主義万歳!!なむなむ!



どれも面白おかしくて最高だったけど、学園祭の章が印象深い。
なんか学生時代の恥ずかしいロマンを感じて熱い気持ちになった。

黒いアンチクショウも食したいし、
象のお尻にも触れたいし、
偏屈王の上演を楽しみにするだろうし、
韋駄天コタツにお邪魔したい。
どうなる!?パンツ総番長!
・・・読んでない方には訳わからないと思うけど、気になることだらけじゃないですか??でもないか・・・。でもほんと、妙な熱さを強く持って生きてる人たちなんです。なんかとてもかっこよかった。
この学園祭をまわったら、相当忙しくて疲れただろうな。無意味に命がけだし。

ヒロイン黒髪の乙女は、すごい不思議ちゃんで、現実にはここまでの子はさすがにいないでしょって思うけど、すごくかわいい。漫画みたい。
なんでこんなに彼女に恋心を寄せている「私」のあほらしさを応援したいという気になるのだろう。
純粋で一途で彼女のために一生懸命だからだろうか。美しささえ感じたから不思議だった。

後半で「私」は、彼女への恋心に対しての、根本的な大問題へ挑む。
えー!!!いまさら??と笑えるけれど、打ち明けられない恋心を思うとあながちおおげさじゃない。
あまり喋ったことないのにその人を好きになって、その人が好きなのか?恋人がほしいだけじゃないのか?と、自問自答したことがある人はもしかしたら「私」の激しい苦悩に共感できるかも!?

物語は「私」と彼女が交代で語って進んでいくから、意外とふたりの気持ちがわかる。(でもだいたいお互いくだらないことに一生懸命になっててしょーもないんだけど…)だからなのか、安心して他の登場人物の行方も気にすることができて、ほんと楽しかった。

なんか生きていくうえでは別にどーでもいい情報ばっかりなんだけど、気になることがいっぱいあったなぁ。
どうなる李白!?
偽電気ブランの味は?
ジュンパイロを入手したい!!

まだ2作読んだだけだけど、森見さんという城の外堀を埋めたい、と切望している。
次は『きつねのはなし』を拝読致します。

あーラスト思い出すと拍手したくなる。最高だった!


スポンサーサイト

2007年03月26日 森見登美彦 トラックバック(1) コメント(4)

コメント

晴眠雨読さん、はじめまして。コメント有難うございます。
ここのところ忙しくしていまして、お返事が遅くなって本当にすみません!

森見さんにはほんと、京都を舞台にした作品をたくさん書いて欲しいですよね☆
晴眠雨読さんのブログ、「晴眠・雨読・曇休・風歌」拝見しました。
『きつねのはなし』既読なんですね!やっぱり良さそう。
すごく読みたくていたので、早めに買おうと思いました♪

相互リンクさせていただきます。
が、ひさびさに操作しようとしたら、Drecomの使い方が分からなくなってしまって(^^;)ちゃんとリンクしておきますので、今後とも宜しくお願いします。
わたしもまたお邪魔させていただきます。

2007年04月29日 ちゃぴこ URL 編集

追記
よかったら、相互リンクをお願いします

2007年04月05日 晴眠雨読 URL 編集

はじめまして。

森見登美彦作品はいいですよね。
このままずっと京都だけを舞台に書き続けて欲しいような。

「夜は短し~」「きつねのはなし」は当ブログでも紹介しています。
良かったらご覧ください

2007年04月05日 晴眠雨読 URL 編集

突然のコメント失礼します。
http://pasuwaado.blog83.fc2.com/
応援よろしく願いします。

2007年03月28日 ココア URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://oishiigoraku.blog52.fc2.com/tb.php/173-7b1a051c

琉球窯 太陽の塔シーサー★

彼のシーサーはなんだか、 岡本太郎さんの太陽の塔みたいに アーティステックで素敵でした! 彼女のシーサーはかわいいシーサー。 ユニークですね??それにしても、 彼女はアイドルみたい!に可愛かったです??( ^ o ^ )/v

2007年04月07日 沖縄!シーサー陶芸体験工房 琉球窯

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。