スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

わるいやつら(上)(下)/松本清張/新潮文庫

恐るべし(T_T)戸谷信一!度★★★★★

どのように美しくても、
経済力のない女は虫のように無価値だ…

清張先生ったら、ひどいこと言うんだから…。

わるいやつら〈上〉 わるいやつら 下
わるいやつら〈上〉
松本清張(著) 新潮文庫
わるいやつら(下)
松本清張(著) 新潮文庫

テレ朝のドラマ『わるいやつら』が始まる前に、急いで上巻を読み終わった。
それで、そうか、槇村役が米倉涼子なんだなと思ってドラマを観たら…
違うんだもんなぁ…(--;)度肝抜かれた。まさか寺島役とは!!!???
わたしと同じ、上巻読後に観た人は、疑問だらけだったんじゃないでしょうか。

今はまだドラマがそこまで進んでないから言えないけど、ある理由があって、寺島が主人公になるとは思えないお話。
もしかして、大どんでん返しか、はたまた、ドラマでは大幅なストーリー変更をしたのか???
気になって気になって、急いで下巻を読み終わった!

いやー清張先生はいやらしい表現がお上手で、生々しくて、わるいやつらがこれでもかってくらいわるいやつら。
ラストは信一があらゆる方向から追い詰められてって…いろんな疑問がとけて、爽快だった。

ドラマは、きっと米倉涼子の行動から目が離せない展開になると思う。
ってか、この前の、火曜ドラマゴールド『地方紙を買う女』も名作だけど、これもなかなかうまく映像化してた。内田有紀にあんな後ろ暗い役できるのかな?とか、 先生役は高嶋政伸じゃいまいちかなぁって思ったけど、ふたりともうまくて予想以上に楽しかった。短編を膨らませててもまあまあなお話になってたと思う。

どっちにしても、人間のいやらしさとか汚さとか、もういっぱい詰まった犯罪に犯罪を重ねていくお話。
いつの時代もお金がらみ、色恋沙汰の事件が多いんだなぁ。。。
サスペンス読みたい人、清張先生なら、だいたい期待以上のヒヤヒヤを味わうことができますよ!

続きは、ドラマを楽しみにしてる方、また上巻しか読んでない方、
ぜーーーーーったい読まないでください!














↓ネタバレあります!
ドラマを楽しみにしてる方、また、上巻しか読んでない方、
もうほんとにほんとにぜーーーーーったい読まないでください!
























寺島は、中年で看護師長なんだけど、どっちか言えばぶさいくで暗い女。だから米倉涼子が演じるとは思わなかった。
それに上巻のラストで、なんと寺島は殺されるんですよ(T_T)信一に!!!
だから、主役が死んじゃってはドラマは成立しないから、もしかして米倉涼子が亡霊にでもなって登場するのかな。。。なんて思ってた。
急いで下巻を読み終わって、納得納得。
40年以上も前の作品なのに、トリックとか、警察の動きとか、今よりは犯人特定のシステムは低いだろうけど、じわじわ信一を追い詰めていく感じに鳥肌たった。

槇村は若く、有名な洋装店のマダムで、信一に付きまとわれる。
これがまた昔の気位の高い女って感じで、ふたりのやり取りが古臭くて笑っちゃうけど、男が女に近付くときの計算なんかは意外と今も変らないのかもしれない。信一の強引さはうざいけど。
全体的に具体的な濡れ場の描写なんてないのに、書き方がベターッてしててやらしくてちと気持悪くなったりした。
藤島チセが余貴美子ってのは、はまり役だと思うし、下見沢はもうちょっとおじさんがいいかと思ったけど、北村一輝ならわるいやつになってくれるだろうな。
ドラマは、配役だけ見ればいいやって思ってたけど、亡霊ではない米倉涼子の反撃がきっと見れるはず。
こりゃ楽しみだ!!


スポンサーサイト

2007年02月01日 松本清張 トラックバック(1) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL
http://oishiigoraku.blog52.fc2.com/tb.php/155-2dbe22f9

火曜ドラマゴールド

火曜ドラマゴールド}火曜ドラマゴールド(かようどらまごーるど)は、2006年10月31日から、日本テレビ放送網|日本テレビで、毎週火曜日に放送される長時間テレビドラマ|ドラマ番組枠の看板タイトルであり、基本的な放送時間は21:00~22:54(日本標準時|JS

2007年03月15日 yuunaのblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。