スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

FIFAクラブワールドカップJAPAN2006準決勝/横浜国際競技場

ロナウジーニョLOVE度★★★★★

わたしは勝手にジーニョちゃんって呼んでるんだけど…
愛称はロニー。みんな「ロニー!」「ロナウジーニョー」って叫んでた♪

FIFAによる日本語版公式ページ
Wikipedia ロナウジーニョ

私の友人がこのブログを見たら、サッカー好きだったっけ?と言うだろう(^^;)この前のW杯で好きになった若葉マークです。
ロナウジーニョのあまりの美しいボールさばきにほれぼれし、そしてNHKスペシャルで語ったサッカーへの想い。。。
感動してあっという間にファンになった。再放送してくんないかなぁ。

今年夏頃、「バルサがやってくる!ロナウジーニョがやってくる!」という情報を聞いた。
ビビリのわたしはよほどのことがない限り飛行機に乗らない。ロナウジーニョが日本に来てくれるなら、この機会を逃したくないなぁと思って早速2枚購入。高かったけどね…。
それからが意外と大変だった。
わたし自身がサッカーを観にいくほどじゃなかったから、友だちがサッカーを好きかどうかすら話題にあげたこともない。一緒に行く人を探すのにひと苦労だった。
やっとメッシファンを発見!一緒に行ってくれるっていうんで胸をなでおろしていたら、その2日後、メッシが骨折で来日できないということになった(T_T)「それでもいいよ」と行ってくれたKさんありがとー♪メッシ早く良くなるといいよね。
バルサ勝ったし、ロナウジーニョ楽しそうだったし、ゴール決めたし、歓喜の踊りも観れたし&デコのプレーに興奮しまくり…あー最高の夜だった。
とにかくロナウジーニョがボールを持つと会場内もテンションあがって、楽しい気分になれた。



ちょっと歯ぐきが出てるから、笑ってないのに笑ってるように思われるらしいんだけど、確かにロナウジーニョの顔を見てるだけでこっちまで笑みがこぼれる。
でも、対戦相手のサポーターなどが、出っ歯!的ないやみなプラカードを掲げたりするらしい(--)
そんなときでもロナウジーニョは、
「こんなに丈夫できれいな歯なのになんでそういうこと言うのかな?」
みたいな感じで受け止め、軽く流す。
コンプレックスなどと思わずに、こんな風に言える人ってとってもかっこよくて美しい。
ほんとそうだ!わたしも頬肉が目立ってるとからかわれても、
「こんなに立派な頬肉なのになんでそういうこと言うのかな?」
って言えるようになるぞ!
ロナウジーニョは家族をとにかく愛している。そしてサッカーを愛していて、家族が元気で笑顔でサッカーができる自分にいつも感謝しているという。
そして、サッカー初心者でもロナウジーニョのプレーを観れば、魔術師と呼ばれることがよくわかる。楽しんで勝つ!という気持ちがファンにもぐいぐい伝わってくる。

日曜日は、決勝戦!チケットとっとけばよかったなぁ…。勝つにきまってたんだからなぁ…。。。
テレビ観戦で我慢だけど、またロナウジーニョに元気をもらえる人がいっぱい増えるんだろうな(*^^)

↓普段エッセイとか自伝とかほとんど読まないわたしですが、ファンになって即買いした。
家族への優しい想いがいっぱい書かれてて、ロナウジーニョがいるだけで周囲が明るくなるということがよくわかる本。
ロナウジーニョ The Smiling Champion
ロナウジーニョ The Smiling Champion
ルーカ・カイオーリ ゴマブックス


スポンサーサイト

2006年12月15日 観劇・観戦・イベント トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。