スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか/北尾トロ

傍聴人マニュアル度★★★☆☆

こいつ、絶対やってるよ!
事実は小説より奇なり。


裁判長!
ここは懲役4年でどうすか

北尾トロ (著) 
文春文庫


書店で2段平積み。2冊しか残ってなかった。売れてんだな。
とりあえず小説も法廷もの大好きだし気になって買ってみた。

トロさんみたいな野次馬根性丸出しの人が傍聴しても問題ないのかな?と疑問に思ってたところ、裁判に傍聴人がいることの意義が結構あるのだということを知らされて、ちょっと読書に気合が入った。
見学の人や学生などで傍聴人が多かったりすると、裁判官や弁護人の張り切り方が違うらしい。なるほど、人間が人間を裁いているんだもんなぁと、当然のことを思った。

何よりも気になったのは、傍聴マニア集団『霞ヶ関倶楽部』。
傍聴歴の長いベテランさんたちで結成されている。
ヤマさん・ダンディ氏・ナベさん・ササさんなどなど。ちゃんと会則まで発行している。
ナベさんのデータはマスコミも欲しがるほどだし、ダンディ氏がトロさんに教えてくれるアドバイスは、的確で思わず笑ってしまう。

『霞ヶ関倶楽部』の特別座談会が巻末に載っているのだけど、これ読んだだけでも面白くて、なんでこんなに力がはいっているのか、理解不能なマニアックさにただただ感心する。
ダンディ氏の最大の関心事が「法務省の人事」だったり、山さんが「女優とか野球選手にファンがいるのと同じで、我々は検事や裁判官の人事に反応するの。」と言ったり…。
特に、ありがたい!とも知っててうらやましい!とも思わない情報なのに、聞いてると敬意の念がわいてくる…。
なんでもマニアの域に達した人は素晴らしいからだな。
『霞ヶ関倶楽部』の面々には、トロさん同様感服だった。

「霞ヶ関倶楽部」が民間の風を入れるべきだと息巻く、裁判員制度スタート前に読んでおくとわたしたちの心構えが変わるのか?…?



ということで、「霞ヶ関倶楽部」の面々にすごい興味を持ったところで、「“かすみっこくらぶ”の本が出てるんだよ」と教えてもらった。
「霞ヶ関倶楽部」の本だと思って探してみたら、平均年齢27歳女性4人「霞っ子クラブ」の傍聴記のことだった。
とりあえず、ダンディ氏の本なら読みたかったからこの本は買うのはやめたけれど、彼女たちの人気ブログ↓を見つけて、ちょっとうまいなぁと感心したからたまに覗いてみようと思う。
霞っ子クラブの裁判傍聴記


霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記
高橋 ユキ (著), 多岐川 美伎 (著),

長谷川 雫, 加賀美 はる子 新潮社


さて、トロさんの最初の狙いは当然刑事事件!だそうだ。
見応えのある裁判を期待して通い詰める。
しかし、傍聴マナーも理解してきた頃になると、情報不足な自分に気付く。
「ぼくは伸び悩んでいるのである」
「仲間がほしい」
と喫煙所で周囲に気を配りつつ一服する日々。関係者の人間なのかはたまた傍聴人なのかの区別さえつかない。
ところがある日、
「どうですか最近は。きてます?」
「きてるよ。今日は2件」
と聞こえてくる軽い会話。
「ひとりで見てると、たまにいいのに当たるからね。不思議なもんだよ」
「ホント、そうですねえ」
「今日はついてたね」
これは…奴らだ!と確信したトロさんすかさず、
「そういうこともあるんですね」
と話しかけた!!!
通い始めたばかりで、おもしろい裁判にめぐりあえないでいることを素直に相談する。
「ほう、いまどれくらい?」
「2ヶ月ほどです」
「ああ、まだこれからだね」
「もう長いんですか」
「はは、なんだかんだで10数年になります。だいたい、判決とかは読めるね」
この人が傍聴マニアのダンディ氏だったという訳。
ダンディ氏の「まず、ひととおり見るといいよ。自分の好みってもんがあるから」と言ったことがなんだか印象に残っている。
彼らは常に新聞の切り抜きやワイドショーのチェックを怠らない。この心掛けには執念を感じる。

通い詰める人は、自分の人生に足りないドラマが欲しいのかなぁ。。。と思ったりしてたけど、なんだか違う感じがした。
特に入れ込んでいるわけでもなく、暇つぶしってほど適当に傍聴しているわけでもない。
なんだかわからないけど、いろんな人生のひとコマを覗き見る、そんな快感に魅せられているうちに、傍聴の知識や、裁判の進行具合、判決や検事の人事まで知ってしまった。ただ夢中になっちゃったという感じなのかもしれない。
なんか、この人たちの会話を傍聴する方が興味深いという想いがしてならない。

トロさんの傍聴した裁判は、確かに、いつ自分が被告側や証人として出廷するかも分からない身近に起こりそうな事件がたくさんあった。
「自分とは縁のない犯罪者と思えない」と思ったときの、トロさんの吐き出す、「自分がその立場になったとしたら…」の例えは、なんだか悲哀に満ちている。
「酒を飲んで運転したことはぼくにもある。」「ぼくだって不倫経験あり、」など…。
トロさんは同情したり憤慨したりしていて、読んでるだけのわたしも、「それは違うんじゃないか」とか「あーそういうもんなのかもなぁ」とか異議を唱えたり納得したり忙しい。
12人の優しい日本人』を観ると毎回、思わず真面目に有罪無罪を考え込んでしまっている時の自分を思い出す。

「他人の不幸は蜜の味」感情を刺激する、ズブの素人に親切な傍聴ハウツー物。トロさんの軽快な語り口(おちゃらけ過ぎで不謹慎な箇所多々あり。)がまんざら嫌ではなくて、トロさんのラフなイラストにストレスを感じないならば、読んでみてもいいだろう。


スポンサーサイト

2006年10月11日 小説以外 トラックバック(0) コメント(2)

コメント

 裁判員制度が始まる前にぜひ読むべき本・・・それは、

「裁判員制度はいらない」 (高山俊吉弁護士著・講談社)です。
 
 ちなみに、私はブログで裁判員制度を批判していますが、制度の実態はトップページの通りです

2006年10月19日 高野 善通 URL 編集

 裁判員制度には徹底的に批判を加えております
 七割の市民が敬遠する裁判員制度について、町田長官が退任挨拶で「国民の期待」と述べました。国民に対するとんでもない侮辱と捉えております

2006年10月12日 高野 善通 URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。