スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本ぶらりぶらり/山下清/ちくま文庫

清さんに会いたかったです!度★★★★★

兵隊のくらいになおすと…。
山下清の中で、なんでも兵隊のくらいになおすのが流行ってたそう。
人物がじょうずに描けないのは兵隊のくらいになおすと「二等兵くらい」
なのだそうです☆


日本ぶらりぶらり
山下清(著) ちくま文庫


先月テレ東で「土曜スペシャル 放浪画家・山下清が愛したニッポンの原風景」という番組を見た。
天才画家山下清が訪れた鹿児島・長崎・山梨・静岡・群馬・新潟を、タレントや俳優が紹介していく番組だった。
芦屋雁之助のドラマなどで、放浪していたとか、彼の有名な絵は知っていたが、他の詳しいことは知らなかったので、番組で紹介されていたこの本を読んでみたいと思った。
そしたらかなちゃびんが貸してくれた(*^^)あんがとっ(^3^)『ヨーロッパぶらりぶらり』も貸してくださぁい(m--m)

わたしは去年鹿児島で桜島を初めて見たときに、なんて美しいのだろうと感激した。
あんなに身近で、迫力があるのに圧迫感がない優しい感じというか、なんだか不思議な印象だった。
NEC_0090.jpg

山下清も桜島が好きで、あったかいから何度も鹿児島を訪れたという。
また、鹿児島は人もいいから好きだったそうだ。確かにどこで何聞いてもみんな優しく教えてくれたなぁと思い出した。

彼の放浪の虫はなかなかおさまらず、放浪したくなると家族や先生の目を盗んでしょうっちゅう抜け出していた。
全国的に有名になってからは、すぐ発見され警察などから家族へ連絡が入った。いつも迎えに行っていた弟の辰っちゃんが大変だな(^^;)



とにかく抜粋したい文章が山ほど出てくる。
彼の文章は、「~ので、~ので、~ので」と続くのだそう。
言語研究者の寿岳章子のあとがきでは、そのどこまでも続く彼の文も、しっかりとした特徴を持って時に切れることがあると説明している。「おもしろい」とか、「浅いのです」とか、「きれいです」とかのように自分の印象や判断をのべる時に切れるのである。そういう特徴がある。難しい漢字に関心を持ちことわざを好んで使う。また、記憶力も優れている。いわゆる知能指数の問題だけでは処理できないことがたくさんあるのだという。日本語ってどこまでも続くのだなあと、山下清に教えてもらったことになる、とのこと。
この本は、彼の言ったことや書いた日記を式場先生(養護施設八幡学園の先生)がある程度読みやすくしているのだが、確かに山下清が疑問に感じたままを表現しているこの文章は、とても率直で心にすっと入ってきてなるほどなぁと心がゆったりする。

どのエピソードも改めて考えさせられることが多いのだけど、

仙台の七夕まつりでは、
ぼくはどの七夕のかざりも面白かったが、ぼくの絵をかいたところはいい場所だと思った。もっといい場所もあるかもしれないが、人間はあまりいい場所をねらいすぎるとかえって迷ってしまうんじゃないか。欲がでるとおちつかなくなる。ぼくはあまり欲がないから大ていのところでいいと思ってしまう。

山形山寺の長さ日本一のスベリ台では、
三〇〇メートルのスベリ台はつくるのに金がかかったそうでただではのせてくれません、二十円とられるのです。このスベリ台は長さは日本一かもわからないが、金をとることでも日本一だと思いました。どこのスベリ台もただですべれるのに二十円もとるのですからやっぱり日本一にするには金がいるものだとびっくりしました。

ぼくは新聞はめったにみないが、ときどきよむとみんな本当のことばかりではない気がするので、嘘と本当はどのくらいのわりあいに世のなかにあるものだか、わからなくなる。大ぜいが本当だといえば、嘘でも本当になるかもわからないので、世のなかのことは、ぼくにはわからないのです。

別府の温泉では、
あつい海地獄の湯でゆでた卵をざるにもって出されたので、四つばかりたべたら、新聞には二十もたべたように書かれた。ぼくが大食だという評ばんは日本中に知られているようで、どこへいっても何が好きかどのくらいたべるときかれる。ぼくはそんなに大食ではないのにどうしてこう思われるのだろう。

わたしもドラマをみておむすび食べてばっかりいると思ってたなぁ。きっと心外だろう(^^*)
難しいことも考えてはみるけれど彼の中では解決できないことが多くて、いろんな人に聞いてみる。意外と周囲の人もきちんと答えられなかったりするんだけど、それでも山下清は正しいことを感じ取っているのかも知れないという気がした。

あ~なんだかそれほど彼の魅力をうまく表現できないので…興味ある方は是非是非読んでみてください。気持ちがすっきりする心地いい本です!

スポンサーサイト

2006年09月13日 小説以外 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。