スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

誰か/宮部みゆき/光文社新書

子供はすべての暗闇に
お化けの形を見出す度★★★★☆


なつかしい♪『スプーンおばさん』読みたくなりまっす!
コケモモジャムたっぷりぬったパンケーキ食べたい(^▽^)
アニメ版のエンディングテーマ「リンゴの森の子猫たち」を、誰かの誕生日に歌いましょー♪♪楽しい気分になること間違いなし!



誰か Somebody
宮部みゆき(著) 光文社新書


宮部みゆきは、むかしはまりまくってた。
『火車』は怖くて怖くて(>_<;)こんなかわいらしい顔してすごいの書くんだなぁって驚いた。
だいたいどれもこれも余韻にひたっちゃって次の本に取り掛かるのに時間がかかるんだけれど、特殊能力を持つ人の話が特に好き。
『クロスファイア』はその能力を持て余す切なさがズシズシくる話でよかった。
それと今まで読んだ中ではなんていっても『蒲生邸事件』が1番の興奮作品。何度も読んでなんだか涙したなぁ。未読の方がうらやましい1冊☆

新刊『名もなき毒』がでたから買おうと思ったら、そういえば読もうと思ってすっかり忘れてた『誰か』が隣りに置いてあって、まずこっちから。
あっと言う間に読み終わった!やっぱりうまいなぁ。



今多コンツェルンの会長、今多善親の専属運転手梶田が死んだ。
自転車にはねられ頭を打って死んでしまった。犯人は捕まっていない。
梶田の娘は聡美と梨子。犯人を捕まえることができるかも知れないと、梨子が積極的にお父さんについての本を書きたいという。
その本の担当編集者となるのが、今多善親会長の愛娘菜穂子の夫、杉村三郎。
杉村は梶田の娘ふたりと接するようになり、梶田の過去をひとつひとつ辿ることになる。
忠実な運転手梶田に隠された意外な秘密とは?聡美の4歳の時の記憶が周囲の人間を揺るがす。真実が気になって仕方ない!

ところどころはさまれるヒントで、犯人を予想したり、杉村と一緒に探偵の真似事をしてるような気分になった。犯人を特定するあたりは、緊張感があってドキドキ。
いわゆる逆玉の輿で、妻ともほのぼの仲良く娘もかわいい。このような幸せをかみしめている人は身近にもちろんいないから、杉村の顔とか想像できなかったけれど、きっと平凡な容姿だけど意外と頼りになって気持ちの優しい男なのだろう。
そんなうらやましい彼が自分の幸せをある形で確信する。その感じ方は酷だけど、読者側の本音をぶつけてくれた感じだったから、なんだか切なくてでも納得できた。分かりずらい感想で申し訳ないのだけど、ネタばれしちゃいそうなので…。
とにかく宮部さんが言うように、ささやかな物語にまとまっている。杉村はいつかまた登場してほしいな。


スポンサーサイト

2006年09月10日 宮部みゆき トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。