スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

さよならバースディ/荻原浩/集英社

ホホゥホホホゥ度★★★★★
なんかこうやって書くと、遠藤のホホホイみたいだな…

君たち、未知を知ろうとする心を忘れてはいけないよ
バースディかわいいぃぃ(*^^)/

さよならバースディ
さよならバースディ
荻原浩(著) 集英社

『ばー すき れずん すき すき』
レーズンバター大好物のバースディは、ボノボ。
「別名ピグミーチンパンジー。その名のとおり外見はチンパンジーに酷似しているが、チンパンジーと同等かそれ以上の知能を持ち、性格もはるかに温和だ。」
なのだそうだが、このバースディがかわいくってねぇ。
ボノボを見たことないし、早速検索。
京都大学霊長類研究所のホームページ(霊長類の写真館サイコー)で、写真が見れた。バースディはほっそりしてんだなぁ。

今回は、どたばたするような喜劇は見当たらない。
大好きな荻原先生のスマートユーモアはなかったけど、ミステリの中にぐっとくるヒューマンドラマがあるし、先生の優しさが随所に出てる作品でとてもよかった。
それにミステリっていっても、バースディがおちゃめでシリアス度が緩和される感じ。

主役は東京霊長類研究センターの田中真。
これがまた真面目でうじうじしてて、最初はあまり好きなタイプじゃないかなと思ってたら、そのうちに、さすが研究者!って素敵な熱さを見せてくれるし、やっぱり愛する女を想う男っていいな!っていうシーンがたくさんでてきて、結局、好きになってた(^^;)
センターでの真の肩書きは助手なんだけど、バースディプロジェクトを立ち上げた安達助教授の死後、プロジェクトを引き継ぎ、今は責任者ということになっている。安達先生は、1年前に飼育舎のバースディの部屋の前で自殺してしまった。真や身近なスタッフは、遺書も見つからないし、安達先生が自殺したとは思えずいまだ死を受け入れられないでいる。

そして、学生スタッフとしてプログラムを研究している理学部の由紀が、真の恋人。
最初から由紀は、なんとなくネックになる人なんだろうなってにおいがぷんぷんしてると思ってたから、、、中盤の意外な展開に思わずびっくりして涙が出た。

敬愛する安達先生の言葉、
君たち、未知を知ろうとする心を忘れてはいけないよ
真は守ることができるのか。

それと、由紀の秘密の場所のツリーみたいなぁ。
実際にある場所なのだろうか。
クリスマスの日のデートで、真は由紀に言われるままにある山の頂付近に到着する。すると…
「山裾に遮られて暗闇になっていた視界の先に、遠い街の灯が開けた。ちょうど細長い逆三角形。地形がそう見せているのだ。確かにクリスマスツリーだった。」
きゃー♪なんて、ロマンチックなんだ!荻原先生ったら、素敵☆


続きはネタバレあります。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年11月28日 荻原浩 トラックバック(0) コメント(0)

真夜中のマーチ/奥田英朗/集英社文庫

ミタゾウの過集中症?が気になる度★★★★★

美人は得だ。たいていのことが許される(^3^)んだな。
10億円強奪なるか!?スピード感たっぷりの爽快本!

真夜中のマーチ
真夜中のマーチ
奥田英朗(著) 集英社文庫

ヨコケンこと横山健司は、出会い系パーティーを主催したりして、適当に遊んで適当に悪いこともして小銭を稼いでいる。
ある日のパーティー出席者に三田物産の三田総一郎がいた。
あの三田財閥の御曹司!?ヨコケンは、極上のカモを発見して、ヤクザと組んでいつもどおりの悪だくみを決行しようとするんだけど、これがまたとんでもないすっとこどっこいなかわいい男だった。

その先はおもしろいから言えないけど、25歳同士だが音楽も洋服も全く趣味の合わないふたりが、なぜかタッグを組んで10億もの大金をせしめようと計画をたてることになる。
ミタゾウこと三田総一郎は、しびれる頓珍漢っぷりだけど、なかなかのつわもので、意外な能力を発揮する…かもしれない!?

そんなふたりに、これまた25歳のクールな美女、クロチェこと黒川千恵が登場。
ドーベルマンのストロベリーを自在に操り、ヨコケンとミタゾウを翻弄するのだが…。


続きを読む

2006年11月23日 奥田英朗 トラックバック(1) コメント(0)

仏像 一木にこめられた祈り/東京国立博物館 平成館

あー…落ち着くなぁ…度★★★★★

仏像って、やっぱり、いいですね~
一木彫(いちぼくちょう)を集めた展覧会!

仏像 一木にこめられた祈り
12月3日まで!仏像好きはお急ぎ下さい!!!

芸術新潮 2006年 11月号 [雑誌]
芸術新潮 2006年 11月号 [雑誌] 新潮社
↑これは、わたしが仏像好きなこと知ってるコーデュロイ君が教えてくれたんだけど、即買いだった。チェックして大正解♪いい顔のアップがたっくさん載ってますよ!

200611221315000.jpg


続きを読む

2006年11月23日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉/宮部みゆき責任編集/文春文庫

松本清張先生12月21日生まれなんだ度★★★★★

大変個人的なことですが…
大切な人2人と同じバースデー(*^^)
もうすぐだね~♪

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉
松本清張傑作短篇コレクション〈上〉
松本清張(著) 宮部みゆき責任編集 文春文庫

松本清張の傑作短編コレクションを、宮部みゆきが責任編集。
まさに傑作の連続で面白かった。

清張先生は、超有名なのしか読んだことなくて、短篇も読もうと思っていたけど、膨大な作品群だし何から読んでいいかわからなかったからこの本は助かった。
たまたま会社で松本清張話になったら、Kさんがこれを勧めてくれた。本のことはもちろんのこと他にもいろんなことをよぉぉぉく知ってるリスペクトKさん♪
毎日楽しいネタを提供してくれるから、常々「今日のKさん」ブログを始めたいって思ってるくらいなもんだけど…(*^^)
ほんとは、中巻の『書道教授』とか『式場の微笑』とかすごいよーって教えてくれたんだけど、いちよ上巻もちらりと見てみたら面白そうだったからまずこっちから挑戦してみた。

ミステリ・デビュー作なんかも入っててお得。これがデビューなんて、やっぱり巨匠は違うなぁ。
宮部みゆきの前口上が各章の冒頭についてて、わかりやすい松本清張入門書になってた。


続きを読む

2006年11月21日 松本清張 トラックバック(0) コメント(0)

デスノート the Last name/金子修介監督

死神の精度!度★★★★★

リュークもレムもびっくりするほどよくできてる♪
エンドロールまでみんな席立たなかった。
たくさんの人がロビーで興奮して口々に話し合ってる感じ、久々に味わったなぁ(^0^)/

『DEATH NOTE』映画版公式ページ

この前の日テレで放映した『デスノート前編』、視聴率かなりよかったみたい。
前編は観にいけなかったし、後編はどうしようかなと思ってたから観れてよかった。
それに、あの死神たちを映像で登場させるのはなんだか無理あるんじゃないかなって…。だのにあまりにリュークがちゃんと出来てて、それはそれは感動すらおぼえた☆すごい技術だなぁ。
日テレの作戦に乗せられたというか、次はレムだ!こりゃ後編を観なければ!と行ってきた(*^^)

コミックは、10巻まではあっと言う間に読み終わっていたけど、ラスト2巻はまだ読んでなかった。なんとなく話が混沌としてきてて…。L対決までがあまりに興奮させられたからなのかな。
とりあえずキラがどうなるかだけは気になってたから、最終巻が出たらまた続きから読めばいいかなと思ってた。
なのに気付いたら、映画化だは最終巻発売済だったはで忙しい忙しい(^3^)
いつもなら、急いで原作読んで映画を観に行くとこだけど、前編をテレビで見てあんまりに死神の出来も俳優の演技もいいから、こりゃ原作より映画が先になってもいいか!って思った。
前編は話の筋もよくわかったし、コミックを読み始めたときに感じた、デスノートの法則に矛盾が見当たらないこととか、またまた感心したりした。

後編はますますキラとLがヒートアップする!
ちょっと変えてるとこもあったけど、原作ファンも満足だったんじゃないかな。


続きを読む

2006年11月17日 邦画 トラックバック(0) コメント(0)

容疑者Xの献身/東野圭吾/文藝春秋

あの湯川の好敵手度★★★★★

あまりの衝撃的トリックに興奮がおまらない!!
石神ーーーーー(>_<)数学好きだよーーーーー!!!

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
東野圭吾(著) 文藝春秋

強敵がいっぱいいたはずだけど、ああこりゃもう、納得の直木賞受賞作だった。

それにしても、草薙湯川コンビ作品だったのを受賞後に知ったし、ましてやてっきり短編だと勘違いしてたダメ人間だった(>_<)長編とは…いろんな本に浮気を繰り返し、やっと入手したかと思えば、あまりの面白さに3時間ほどで読了☆
最後の方はもう1回読んでまたまた泣いてしまった(^^;)
あーーーーほんと、終わるのやだって思った本だった。

「正統派ミステリーとしては僕の最高傑作です」と東野さんが言っている。ほんと、全部は読んでないけど、きっとそうだ。
あまりに美しい数学者と物理学者のぶつかり合いで…泣いた泣いた(T_T)
読んでいる人がたくさんいる本だから、トリックを言ってしまって語り尽くしたっていいじゃないか!という衝動に駆られるけど。。。がまんがまん!


続きを読む

2006年11月10日 東野圭吾 トラックバック(1) コメント(4)

疾走/重松清/角川書店

からから、からっぽ度★★★★★

「名前を呼びたい。名前はいいなあ、と思う。」
そうだね、シュウジ。

疾走
疾走 角川書店
重松清(著)

長編だったなぁ。そして、終始暗い。
「おまえ」という呼びかけに、なんだかこわくて心が揺さぶられた1週間だった。
主人公シュウジに「おまえ」と語りかける誰か(最後に誰だかわかるのだけど)。その何者かが、シュウジと家族、同級生のエリ、神父、皆に恐れられている鬼ケンとその女アカネの、2年間の『疾走』を教えてくれる。

ある悲劇がシュウジを襲い、すべての歯車が狂い出す。唯一の救いであったエリは東京に引っ越してしまうのだが、シュウジの中には常に大きな存在としてある。
エリはつらい過去を背負い生きてきた、「孤高」の「ひとり」なのである。


シュウジが教会の神父に教わった「孤立」と「孤独」と「孤高」の違い。
仲間が欲しいのに誰もいない「ひとり」が、「孤立」。
「ひとり」でいるのが寂しい「ひとり」が、「孤独」。
誇りのある「ひとり」が、「孤高」。
なるほど。重松さんはこういうのうまいんだなぁ。

それにしてもつらくてグロくて…うーん。
わたしは、重松さんの本なにが好き?って聞かれて、『疾走』とは答えないだろうな…。


続きを読む

2006年11月07日 重松清 トラックバック(1) コメント(0)

地下鉄(メトロ)に乗って/浅田次郎/講談社文庫

読後にいろいろ考える度★★★★★

もやもやした気持ちは、いちよなくなった。
「そうだ。メトロに乗って行こう。」

地下鉄(メトロ)に乗って 
地下鉄(メトロ)に乗って
浅田次郎(著) 講談社文庫

この本は確か7年くらい前に読んで、この前映画を観てきた。
観終わって「???」があまりに多かったし、忘れてることが多くて(--;)原作がどんなんだったか思い出したい衝動に駆られ、再読してみた。

映画に関してはこんな感じの感想をUPしてます。
地下鉄(メトロ)に乗って/篠原哲雄監督

感想とも呼べない代物になってしまってるなぁ…(>_<)
そしてひさびさに、原作覚えてて観るべきだったと大反省。
椿山課長の七日間』はついこの間読んでまだ覚えてるし、これも大好きなお話だから映画めちゃめちゃ楽しみだ!


読み終わって、映画は、できる範囲で原作に忠実だったことがわかった。

本を読み終わった当時、とてもいい読書時間だった覚えがあった。
わたし自身はタイムスリップ話が大好物だから、その描き方が地下鉄という身近なものを使っていたことに興奮して読んだのだろうか。
もちろん、引き込まれるお話だし、もう一度読んでもさすが面白いなぁと思ったんだけど。

でも、ちょいと若かったからかな…。主人公真次の愛人みち子自体がわたしの中でいまいち現実味にかける存在だったのかもしれない。
みち子に関してとても大切なラストがあるんだけれど、納得がいかないというか悲しくて仕方なかった。それが、原作では違ったと思ってたんだけど、同じだった。
常々、原作を超える映像化って難しいだろうなぁと思うことが多いから、今回は、なんとも言えない微妙な気持ち。

とにもかくにも、毎日地下鉄を乗り継いで通勤して、地下鉄を乗り継いで営業したり動き回っているわたしにとっては、ふとベンチに座ったときや急に人気のなくなったホームに立ったりしたときに、きっと思い出す作品になったなぁ。

続きは、ネタばれあります。


続きを読む

2006年11月02日 浅田次郎 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。