スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

プーシキン美術館展/東京都美術館

「金魚」満足度★★★★★

ため息でます (。・_・。)


アンリ・マティス ニュー・ベーシック・アート・シリーズ
フォルクマール エッサース (著), Volkmar Essers (原著)

詩人・劇作家であるプーシキンの没後100年を記念して モスクワ美術館をプーシキン美術館と改名した。収集家として世界的に名高いシチューキンとモロゾフのコレクション。まだ無名のまったく評価されていなかったマティスやピカソなどを買い集めていたという、素晴らしい審美眼である。


続きを読む

スポンサーサイト

2005年12月19日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

塩狩峠/三浦 綾子/新潮文庫

自己犠牲とは?命とは?を考える度★★★★☆

信仰でその人間の性質を
変えることができるのだろうか



塩狩峠    新潮文庫
三浦 綾子 (著)

いかに信仰に目覚め、その教えを理解しまっとうするか。
信仰でなくとも、自分の迷いを決定に導いてくれる、
すべてのもの・ことを有する人は、いいなぁと思うのです。


続きを読む

2005年12月09日 三浦綾子 トラックバック(0) コメント(3)

イン・ハー・シューズ/カーティス・ハンソン監督

かわいいshoes出現度★★★★☆

女はいいなぁ(=∩_∩=)

『in her shoes』とは、相手の立場になってみるという意味、とのこと。



イン・ハー・シューズ 

出演:キャメロン・ディアス
監督・製作:カーティス・ハンソン


弁護士として自立した聡明な女性だが外見に自信が持てず、 妹の不始末に手を焼かれてばかりの姉と、 自慢のルックスで次々と男と遊ぶが、 難読症で仕事も続かずその日暮らしの生活を続ける手癖の悪い妹。

その姉妹が感情をむき出しにしてぶつかり、 それぞれが相手への複雑な想いを抱えたまま 別の場所で充実した生活を送り成長していく。 周囲に背中を押され、やがて分かり合い、 お互いの絆の強さを確認していく。

続きを読む

2005年12月06日 洋画 トラックバック(0) コメント(0)

北斎展/東京国立博物館・平成館

北斎満足度★★★★★

圧倒されっぱなし!


千変万化に描く北斎の冨岳三十六景 アートセレクション
大久保 純一 (著)


会期中に大規模な展示替えがあったりしたので、 何度でも行くべきだった。 4時間くらいねばったが、大混雑で疲れたぁ(◎-◎)



続きを読む

2005年12月05日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

オロロ畑でつかまえて/荻原 浩/集英社文庫

愉快痛快度★★★★★

オロロ畑でつかまえて    集英社文庫
荻原 浩 (著)

『神様からひと言』もいいけどデビュー作が面白い!と紹介していただいた本。
すごく楽しくて、なんだか夢うつつな気分。笑った。
爆笑じゃないけど、久しぶりに愉快な本だった。

↓これも笑えます(^_-)-☆

神様からひと言    光文社文庫
荻原 浩 (著)



続きを読む

2005年12月01日 荻原浩 トラックバック(1) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。