スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

となり町戦争/三崎亜記/集英社文庫

淡々と…度★★★★☆

次の本も、早く読まなきゃ!
タイトルと映画化で手出したけど、続きが気になってすぐ読み終わった。

となり町戦争
となり町戦争
三崎亜記(著) 集英社

そうは言っても気持ちいい本ではなくて、もっとこうなったほうがよかったなぁとか思うところはあったんだけど。。。

ある日突然、あなたの家のポストにとなり町との戦争のお知らせが舞い込んできたら、どうしますか?
何の説明もないまま、となり町のスパイに任命されたら?
戦争の実態が見えなくても参戦しちゃうんだろうか。。。

現実味がないのに、それでいて、見えない怖さがずしずし迫ってきて、読ませる!次の本も読んでみたくなる作家さんだった。

映画化とのことで、これは実は、映画にしたら案外よさそうな気がするなぁ。思い描きたいのに浮ばなくて少しイライラしたから。
江口洋介の一生懸命な演技嫌いじゃないから期待しちゃう!少しだけ熱く演じてほしいな。
映画『となり町戦争』公式ページ
あ、もうすぐだ。


続きを読む

スポンサーサイト

2007年02月08日 三崎亜記 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。