スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

シュガーな俺/平山瑞穂/世界文化社

シュガーフレンド度★★★★★

わたしはフレンドじゃないんですが。。。
シュガーな俺←ネット連載だったんだ。私は画面では読み込めないから無理なんだけど、ここで読めるみたい。

シュガーな俺
シュガーな俺
平山瑞穂(著) 世界文化社

書店くじ(意外と当選商品いいんだけど楽しみにしてる人は少ないような…わたしもだけど)で4等の100円(ま、こんなもんだ)当ったから、ひさびさに単行本を買うぞ!と本屋さんへ。
あれにしようこれにしようと検討しながら到着したが、1週間前からのダイエットで甘いものを(いつもよりは)断っているわたしにとって、魅力的な表紙を見つけてしまった。
これはよだれもんのベリーベリータルトだな…と出版社の策略にまんまとはまり、糖尿病に関しては常日頃大変な病気だと思っていたからいろいろ勉強にもなるかもしれない、と読んでみることにした。

主人公片瀬喬一33歳は、変だ変だと思っていた。
異常な喉の渇き。
頻尿・多尿。
原因不明の激ヤセ。
全身の倦怠感。
『家庭医学大事典』で調べたかぎり、糖尿病の症状に酷似していた。
でも、まだ若いし、ヤセてるし、自分は違うんだと言い聞かせていたのに。
あっさり、糖尿病と診断され、それも重症で、このまま放置しておくと、確実に死にます、と。そして喬一は入院することになるのだが。。。

前の会社の先輩が、居酒屋でこれから飲むぞってビールを注文するときに、「ちょっとごめんね」と、おなかをさらっと出してさらっと注射していた。あまりに素早くあっという間の出来事だったから口が開いてたんだと思う。糖尿病なんだ、と話してくれた。今になってわかるけど、1型糖尿病なんだろうな。もう慣れたもんなんだ、と素敵に笑った先輩は30代前半。
その日もいつも通り、一緒にいっぱい飲んで食べた。
とんでもなかったのかも、って思ったけど、この本を読み進むうちにすこしだけ納得するとこもあった。糖尿病については食事制限の厳しさくらいしか知らずにいたけど、症状や型でずいぶん違うし、食事の時間や心構えでその人なりの大変な苦労で工夫した生活をして、社会人としての付き合いも楽しんでいるんだろうな、と。

作者の体験談をもとに小説仕立てにしてあるから、小説としても実用書としても読み応えがある。主人公と一緒に、数値が上下する度に一喜一憂した。知っておいて損のない身近な病気だから、シュガーフレンドじゃなくても読んでみるといいと思う。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年12月14日 平山瑞穂 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。