スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ショートソング/枡野浩一/集英社文庫

短歌が熱いっ度★★★★★

あなたは、伊賀と国友どっちが好きですか?
贅沢を言えば、国友で幸せなのに伊賀に逢いたいってとこでしょうか。
人気歌人、初の長編小説(文庫オリジナル作品)クドカンの短歌も笑える!
枡野浩一公式サイト

ショートソング
ショートソング
枡野浩一(著) 集英社文庫

あーおもしろかった。
CHERRY BOY国友克夫(19歳)と、PLAYBOY伊賀寛介(25歳)のふたりのお話。
映像化したら、国友はウエンツくんで、伊賀は年が合わないけど阿部ちゃんがいいなぁ。。とか思いながら読んだ。

短歌はむずかしいものではなくもっと身近なものだ、と思わせる。
歌集を出版するのは大変なことだし、売れるとなるとこれまた相当大変だ。
その辺の自費出版の話も出てくるし、歌会の熱さや団体の結びつきや、歌人の伸び悩みなど、架空の短歌結社「ばれん」を通していろいろ想像できてとっても楽しめる。

まさに短歌に興味のない人でも、短歌っていいなって思う作品になるだろう。そして、読み終わったばっかのわたしは、なにかにつけて五七五七七を考えてしまう。楽しい(*^^)

文中にでてくる、短歌は、著者の作品と、実在の歌人の作品を借りているとのこと。巻末にこの引用短歌が掲載されているけど、この数ページを見るだけでも、なんだか笑っちゃったりほろりときたり元気がでたり、面白い短歌がたくさんで楽しめる。
「短歌っていうのは、作者イコール読者イコール評論家だからなあ。小説みたいに、作品を味わうだけの読者なんて、短歌界にはいないんだよ」だそうだ。なるほど奥深い。
短歌ブーム再来か!?

吉祥寺が舞台で、たくさんのカフェがでてくる。ジョージが遊び場しゃべり場の人は、それだけでも楽しめるはず!


続きを読む

スポンサーサイト

2006年12月05日 枡野浩一 トラックバック(0) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。