スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

永遠の出口/森絵都/集英社文庫

普通の女の子の物語度★★★★★

なのになんでこんなに楽しめたんだろう。
いろんな思い出がよみがえります!



永遠の出口
森 絵都(著) 集英社文庫

森絵都は読んだことがなかったので、直木賞きっかけで読んでみることにした。

著者初の大人向け物語とのことだけれど、児童文学と大人小説の境目という感じ。
岸本紀子という女の子の、小学校3年生から高校を卒業するまでの成長をたどった連作。
もうもう普通の女の子の物語。

時代背景がすごく具体的に描かれている。
小学校の高学年でたのきん全盛期だった人は、かぶる思い出が多いんじゃないかな。
わたしの、たのきんマッチ熱は、小学校3年生くらいだったはずだから、ギリギリかぶっててノスタルジーな気分だった。

サンリオの文房具に夢中なとこもとっても懐かしかった。
風の子さっちゃん派、そういえばいたなぁ~
わたしはキティちゃんとキキララに相当入れ込んでたけど、パティ&ジミーとかマイメロディとか浮気したりしてた。ゴロ・ピカ・ドンの缶ペンは2年くらい使ってた気がする。。。懐かしすぎる(*^^)v
一人で電車に乗ったのも、サンリオに行きたいとお母さんに言ってみたときで、ドキドキで4駅乗って帰った。あの時はすごい冒険だった。
この物語でも友達同士で電車に乗って、町にサンリオキャラクターを買いに行く。当たり前の子どもたちのはしゃぎっぷりだし、ひとりが来れなかったからおそろいのを買おう!とか…会話も普通なのに、すごく興奮が伝わってきて、もうもう良かったなぁ。。。

ずーっと、あーこんなことで悩んだ、こんなことでふてくされたや、とか思いながら、久々に電車を乗り過ごすという楽しい楽しい読書だった。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年07月25日 森絵都 トラックバック(6) コメント(6)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。