スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

家族芝居/佐川光晴/文藝春秋

いくつになっても女は強いなぁ度★★★☆☆

婆さんパワー炸裂!
でもやっぱりいい男には弱いっ(^^*)


家族芝居  文藝春秋
佐川 光晴 (著)


7人の婆さんが、新宿区上落合にある八方園で共同生活している。
老人グループホームと銘打たれているが、いわゆる介護施設ではない。
老人グループホームというのは、正式には痴呆対応型共同生活介護のことであるのに、痴呆性高齢者と診断されて、介護保険対象になっているのは82歳の登志子ただひとり。
他の面々は、光子・75歳、和代・75歳、薫子・76歳、幸枝・76歳、千代子・80歳、最高齢は米子・85歳。
嫁との折り合いが悪かったり、アパートから立ち退きをせまられて行き場がなかったりと、それぞれの理由で八方園での気ままな生活を楽しんでいる。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年05月15日 佐川光晴 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。