スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ダリ回顧展/上野の森美術館

シュールレアリスム度★★★★★

「私の絵を理解してもらおうだって?
描き手である私自身さえ、理解できないというのに?」

ダリがそう言ってくれるなら安心…

「だが、理解不能だから、その絵に確たる意味がない、ということにはならない。逆に、だからこそ、意識では一般に捉えられない、体系的で、一貫した、複雑かつ、深く激しい意味を表し得るのである。」
なるほど…うーん、やっぱり難しかったなぁ…。

200612161736000.jpg

生誕100年記念 ダリ回顧展 公式ページ

混んでるのは予想通り。1時間待ってやっと入れた。寒いとこで待たされるから厚着して行きましょう!
「スペインのフィゲラスにあるガラ=サルバドール・ダリ財団とアメリカ合衆国のセント・ピーターズバーグにあるサルバドール・ダリ美術館から、日本初公開の作品を含め、最初期から最晩年まで主要な約60点を集めたものである。」
まさに、ダリの作品がこんなにまとめて観れるなんてことはないから、ダリの世界を堪能したい方は急いで!2007年1月4日まで。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年12月18日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(4)

アメリー&むより子展/緑蔭ギャラリー

パッチワークと陶器の融合度★★★★★

緑蔭館ギャラリーにて。明日まで!
柳田國男の書庫・書斎をギャラリーとして貸し出している、とっても素敵なおうち。このお宅をのぞきに行くだけでも価値十分!
今の時期は、ギャラリー前の通りのイチョウ並木が黄色に染まってて、すごぉくきれいだった!
お散歩・デートにおすすめ♪

200612051249000.jpg


パッチワークをされてる方は、林アメリーさんを知っている方も多いでしょう。
アメリーさんは、タンスの奥底に眠っている、どうしても捨てられないような使わなくなった古い着物や帯などを、まさに魔法のようによみがえらせる☆

アメリーさんの魅力は、とにかく色使いが素晴らしい。
この柄とこの色をもってくるとこんなに素敵になるなんて!思いもつかなくてほんとホレボレしちゃう♪
縫いこまれた生地は、アメリーさんのものだったりたくさんの方からいただいた着物だったり、いろんな人の想いがいっぱい詰まったもの。
その想い出にアメリーさんがどんどん新しい息を吹き込んでいく。どの作品もアメリーさんのやさしい人柄がにじみ出てる。

今回は販売もしていて、ベッドカバーなど多数展示。全部、「ほしーーー!!!」と思った。でも、もちろん買えずに帰宅。。。
買われた方がいたけれど、アメリーさんは、こどもをお嫁に出す気分と言っていた。大作だし思い入れたっぷりだから、そうだろうなぁ。
目の前に広がる美しい作品をみていると、パッチワークは高いというイメージは吹き飛ぶ。作業期間や緻密さの手間を考えると安いものなんだろうと実感した。

陶器は広瀬むより子さんの作品。
実用的なのにデザイン性もあって、使いたいのに飾りたい!という感じ。
やさしい色使いで、これもまた欲しくなるものばかり。
家のあそこに置きたい!とかこんなお料理を乗せたい!とか、イメージがひろがる。

パッチワークの彩りのあたたかさと、陶器のひんやりとしたシックなイメージがとけ合ってて、アメリー&むより子展は大成功(^0^)/

おふたりとも年齢を感じさせなくて、とても明るくて若くてエネルギッシュ。
いいものを残せる人って、作品も人も周囲をやさしい気持ちにさせるなぁ。
成城学園前から3分なので、周辺の方は是非足を運んでみてください♪

展示は明日終わってしまうけど、アメリーさんの作品集(↓)で堪能できる。パッチワーク好きはもちろんのこと、見ているだけでしあわせな気持ちになれる本。
わたしはテレビのヨコに置いていて、何度となく広げてみちゃってます(*^^)

手縫いの魔法―アメリーのパッチ&キルト
手縫いの魔法―アメリーのパッチ&キルト
林アメリー作品集
 求龍堂


2006年12月05日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

仏像 一木にこめられた祈り/東京国立博物館 平成館

あー…落ち着くなぁ…度★★★★★

仏像って、やっぱり、いいですね~
一木彫(いちぼくちょう)を集めた展覧会!

仏像 一木にこめられた祈り
12月3日まで!仏像好きはお急ぎ下さい!!!

芸術新潮 2006年 11月号 [雑誌]
芸術新潮 2006年 11月号 [雑誌] 新潮社
↑これは、わたしが仏像好きなこと知ってるコーデュロイ君が教えてくれたんだけど、即買いだった。チェックして大正解♪いい顔のアップがたっくさん載ってますよ!

200611221315000.jpg


続きを読む

2006年11月23日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

ルソーの見た夢、ルソーに見る夢/世田谷美術館

あれ?遠近法が…!?度★★★☆☆

「絵画はかくまで自由なものなのだ」藤田嗣治
ルソーの素朴さの前には無問題!

↓世田谷美術館HP
ルソーの見た夢、ルソーに見る夢

第1章 ルソーの見た夢 
日本のコレクションに入ったルソー作品
第2章 素朴派たちの夢 
ルソーに続き、素朴派の発掘の端緒を開いた「聖なる心の画家たち」の作品
第3章 ルソーに見る夢 
日本近代の画家・写真家とルソーの関わり
第4部 現代のルソー像 
現代作家とルソーをそれぞれ紹介展示

砧公園内の世田谷美術館。
公園はよく遊びに行ったけど、美術館は中に入ったことがなかった。
「開館20周年を記念した、活動の象徴的な存在ともいえるアンリ・ルソーを正面からとりあげる企画展」
ゆったり観て回るのにちょうどいい広さで、明るくてきれい。
緑の中を歩いてたどり着くからか、穏やかな気持ちで鑑賞した。
ルソーも、今回好きになったヴィヴァンも所蔵してるらしいからまた観に行きたいな。

ルソーは「素人絵描きとして、揶揄と嘲笑にはじまった」らしい。
「無審査を旨とし、近代美術を育む土壌となったアンデパンダン展で、少しずつ画家や評論家たちに注目されるようになります。」とのこと。
「夢と現実が奇妙に混交する独特の世界」
美術教育を受けていない彼だからこそ、感じたまま自由な絵が描けるのかもしれない。


続きを読む

2006年10月31日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

品川アクアスタジアム

やっぱりイルカはかしこい!度★★★★★

海中トンネルは一見の価値あり☆
ペンギンが起きてる時間に行きましょう!

品川アクアスタジアムHP

前からずっと行きたくて、やっと行ってきた!
実は閉園2時間前に着いたので、アシカショーは終わってたのです…(T_T)こりゃまた行かねば!

でもイルカショーには間に合ったからよかった。
イルカのプールは意外と広くて、最後だから空いてたしゆっくり観れた!
イルカってほんとかしこいなぁ。
かわいいし、めちゃめちゃ早いし、あんなとこまで飛べるの?って高さまでジャンプしてた。
興奮したよ♪バンドウイルカとカマイルカが魅せてくれま~す(^_-)-☆


続きを読む

2006年05月16日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(2)

パウル・クレー展/大丸ミュージアム

優しい気持ちになれる度★★★★★

ダントツのひと目惚れは『喪に服して』

20世紀を代表する抽象画家クレー。
スイスで大規模なパウル・クレー・センターが昨年開館したのを記念する展覧会。テーマはクレー芸術を特徴づける「線と色彩」。


クレーART BOX―線と色彩
日本パウルクレー協会 (編集)


続きを読む

2006年02月28日 美術館・動物園・水族館 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。