スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

岸辺のアルバム/山田太一/光文社文庫

ドラマよかったんだろうな度★★★★☆

山田太一初の小説!
1977年にドラマ化され、「わが国のホームドラマに革命を起こした、不朽の名作。」
とのこと。是非観たい!!!

岸辺のアルバム
岸辺のアルバム
山田太一(著) 光文社文庫

田島謙作は商社の国内繊維機械部部長、働き盛りの40代。仕事熱心だが家庭をかえりみない。
妻則子は夫に相手にされないことなどでさみしさを味わい、後ろめたさを感じつつも浮気をしてしまう。
長女律子は大学生で、長男繁は高校3年生。
多摩川の岸辺に建つ一軒家。平凡にみえる家庭にも、さまざまな問題が隠れている。
そんな田島家にこれでもかと悲劇が襲う。
1974年の多摩川水害の被災者が、家を失ったことと家族のアルバムを失ったことがショックであったという話をこの作品に取り入れた、とのこと。

田島家は崩壊してしまうのか?

それにしても、繁に近づく「哀愁(←あだな)」役は?繁の担任の掘先生役は?誰だったんだろう…。それともドラマではこの役はなかったのかな?
あまりに衝撃的に彼らを描写していて余計にドラマを観てみたくなった。
「哀愁」は「一向に美しくない。小肥りで、頬が赤い。頭の悪そうな顔である。こんな娘と親しくできる繁に謙作は失望していた。顔や姿が悪いのは仕方ないにしても、品もなく頭のよさもない」って…。
掘先生に対しても、「三十男の顔である。年より老けているかもしれない。色が黒く、服装も地味である。新しい背広が身についていない」そして、自分に見切りをつけるとこういう相手を選ぶのか?とまで言われてしまう(>_<)
ふたりともかわいそうだなぁ。。。(^^:)


続きを読む

スポンサーサイト

2006年10月25日 山田太一 トラックバック(1) コメント(2)

飛ぶ夢をしばらく見ない/山田太一/新潮文庫

「わたしたち」は残ると思いたい度★★★★★

「飛ぶ夢」見たいですか?
わたしはこわいので遠慮しますが…
切なくて照れくさくっていっぱい涙出ちゃいますよー(*^^*)

tobuyumewo.jpg

飛ぶ夢をしばらく見ない   新潮文庫
山田 太一(著)

「山田太一の小説読む?」って貸してもらった(*^^)vありがとー!
小説読んだことないし、ドラマも映画もちょこっとだしお芝居は観たことない。楽しみで気合はいった!
読み始めてちょうど、おもしろい設定にぐいぐい引き込まれているところへ、「NHK教育で、『流星に捧げる』やるよ!」って教えてもらって観ましたぁ(^_-)-☆
おもしろかった。風間杜夫やっぱりいい。
お芝居の気持ちいい大げさな感じと、大きく動き回る役者の熱演も伝わってきた。
ラストの老いとの戦いはドタバタしながらも、本人だけでなく周囲の人間にも考えさせるっていう展開で、物悲しいのに希望の光が見える。クスクス笑って、ほろりとさせられるいいお芝居だった。

『飛ぶ夢をしばらく見ない』は、山田太一の小説としては最初の方の作品みたいなんだけど、今読み終わって感じることは、お芝居っぽいなぁと。
舞台観たばっかの先入観もあるのだろうけど、具体的に言えば、拳銃が出てきたところ。
若い睦子が拳銃を取り出し、「これで何かしたい!」と言う。
常軌を逸してしまっている相手に、もうひとりが付き合ってあげる会話というのは一見コミカルで、お芝居ならばここでちょっとした笑いが出そう。その拳銃をめぐって収拾つかなくなったところで暗転、という具合かなぁ(^o^)

続きを読む

2006年04月25日 山田太一 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。