スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

P.I.P.プリズナー・イン・プノンペン/沢井鯨/小学館文庫

こわい・つらい・かなしい度★★★★★

イザワ!!がんばれ(>_<)

 P.I.P.―プリズナー・イン・プノンペン    小学館文庫
沢井 鯨 (著)

作者は実際にプノンペンで無実の罪にとわれ半年に及ぶ獄中生活を体験している。
その体験が元になったデビュー作。
とにかくパワーがあって、文体構成の良し悪し関係なく読ませる迫力があった。
睡眠時間削ってでも読みたくなる本!


続きを読む

スポンサーサイト

2005年11月02日 沢井鯨 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。