スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ドラママチ/角田光代/文藝春秋

角田さん結婚してて驚いた度★★★☆☆

直木と芥川夫婦。むむむ…めでたいっすね
でもなぁいじけた独身女の感じ、うまいんだよなぁ。


ドラママチ 文藝春秋
角田光代(著)

短編8つ。
中央線沿いで、なにかを待っている女たちの物語。
いろんな雰囲気のある喫茶店が、彼女たちの生活にかかわってくる。

女はドラマを求めてるから、いかにも女子が好きそうなタイトル。
わたしは、まあ普通に引っかかったし、楽しめた。
角田さんうまいから、自分とは違う環境の話でも、もしかしたらわたしもこんな風になるか…とか妄想させてもくれる_(^^;)
結局8人とも、いまいちな女なんだけどなぁ…。でも、だからこそ、なんだか、やばい!がんばらなくちゃと思えた感じ。

あなたは、ナニマチですか?
わたしは、明日足の裏のほくろを取る手術なので(>_<:)
イタミマチです。


続きを読む

スポンサーサイト

2006年08月23日 角田光代 トラックバック(0) コメント(2)

愛がなんだ/角田光代/角川文庫

恋愛バカ度★★★★★

何もかもが完璧すぎて
泣き出しそうなのを
こらえなければならなかった


あほだ…何にも完璧じゃないんです…テルちゃんあほだよあんた…



愛がなんだ    角川文庫
角田 光代 (著)


マモちゃんはかっこよくもない上に最悪のおれさま男。
テルちゃんはマモちゃんに片想いしていて、なんでもかんでもマモちゃん最優先で仕事も生活もすべて放り出してしまうあほ女。


恋は人間をだめにすることもあるなぁ…とつくづく実感する。そして、なんとなくだがテルちゃんの気持ちが分かる自分がいたりもする。これは、テルちゃんのこと非難できないな。
???!ふと気づく。。。テルちゃんは架空の人物で、わたしは実在するんだけどいいのかな。。。やばいなぁ…


続きを読む

2006年03月13日 角田光代 トラックバック(0) コメント(1)

空中庭園/角田 光代 /文春文庫

アットホーム度★☆☆☆☆


空中庭園    文春文庫
角田 光代 (著)



学校も服も、しゃべる言葉、住む国ですら選べるのに、

唯一自分で選べないものが家族だ

なるほど!

連作形式で、 家族全員が主人公になっている。


続きを読む

2005年09月30日 角田光代 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。